トップ > 情報セキュリティポリシー
情報セキュリティポリシー


 モアシステム株式会社はコンピュータシステムの開発・販売、および保守・運用等のトータルサービスをご提供する、いわゆるIT業務を営む企業です。
 そのような企業の特性として、お客様の情報資産を直接あるいは間接的に取扱っており、情報資産の重要性を認識し、その情報資産を保護する指針として情報セキュリティマネジメントシステム(以下、「ISMS」と言います。)を構築、方針に従った情報の適切な取扱い、管理、保護および維持を周知徹底させることに努めることを宣言します。

  1. 業務に関わる全ての情報を保護の対象とし、関連法令及び業界基準等を遵守いたします。
  2. 取り扱う情報資産をその内容に応じて適切に分類し、情報資産の重要性に応じた情報セキュリティ対策を実施します。
  3. この基本方針においては、当社に情報セキュリティ委員会を組織します。これにより全社の情報セキュリティの状況を正確に把握し、機密性・完全性・可用性の観点から資産のリスクアセスメントを行い、必要な対策を迅速に実施していきます。
  4. 情報の機密性、完全性および可用性を維持していくこととは、当社の情報資産を保護するため、自然災害、事件、事故または機器の故障等により、事業活動が中断および停止しないよう適切な予防措置を講じ、また、万が一、自然災害等が発生した場合であっても、これによる事業の中断を最小限に抑え、事業の継続性を確保します。

 以上の活動を継続的に実施し、新たな脅威や脆弱性にも対応できるよう、情報セキュリティを定期的に見直し、対策の適切な維持、改善を図ってまいります。


2015年11月30日制定
moasystem_logoモアシステム株式会社
代表取締役 大林則久